感情のコントロールをする事が苦手な男の子の絵

小学4年生に男の子の作品です!

彼は絵画教室以外にも療育に通っており、とても真面目で優しい男の子です。

友達がいけないことをしているとちゃんと注意できる素晴らしい一面を持っています:)

しかし時には、その良い行動が相手にとっては嫌な気持ちにさせてしまいトラブルになる時も。。。

彼にとっては良い行動と分かっているのに相手には伝わらない。またトラブルになった時、説明がうまく出来ない時もある為先生にも自分の気持ちを言えない。そんな事が続くと怒りの感情が爆発し、自分のことを傷つけてしまう時があります。


怒りの表現方法を違う形で表す

絵画教室では、描くテーマは与えますが彼がイライラしてきた時など課題に取り組めなかったら、そのまま先ずは彼の好きな物を描いてもらいます!

子供は絵に精神面が出やすいため好きな物を描いていても無意識に感情が現れる事が多いです。特に自由画は。そして今の彼の気持ち(伝えたいこと)を先生が絵から読み取ります。

完成すると先生が絵の中から質問をしていきます。

本人の話す内容と絵のバランス、性格やこれまでの出来事などを視野に入れながら話を分析し徐々に具体的な質問をしていきます。視覚的にも伝えられる絵があるので本人も描いたものを使って学校での出来事。その時の気持ちを伝えられやすくなる事が多いです。

心の中のモヤモヤが外面に出す事が出来ると、子供の行動でわかる時があります。

自然と話が楽しい話になっていたり、見えた物に意識がいったりと表情も笑っている事が多いです。

その次に初めに与えたテーマを彼に再度提示すると取り組める事が多いです!

初めは絵を使い気持ちを伝える練習を行い、それを文字にしてもらう。徐々に絵や文字の量を少なくしていき最後は言葉で説明が出来るようにすれば、自分の気持ちを伝える引き出しが増えるので彼は生きやすくなると私は思います。


写真の絵には、尖った線や形がとても多いです。イライラしている時、子供はトゲのような形を描く事が多いです。また選ぶ色や描く配置にも意味が現れます。彼の絵には両サイドに鋭い木があります。間には交差する線。まるで【相手に伝えたいけど伝わらない難しさ】を表しているようにも見えます。


Yuno art-therapy-class

発達障害のお子様向けの絵画個別指導をしています。 先ずはお気軽にご連絡を下さい!

0コメント

  • 1000 / 1000